規約


本受講規約(以下「本規約」)は、コミュニティづくり養成講座(以下「当講座」)の許諾に基づき、講座受講希望者が申込みを行い、当講座が提供する講座を受講するにあたっての、受講者と当講座との間の契約条件が記載されています。

講座は当講座が受講生に提供するものであり、当講座は受講生に義務を負うものではありません。

第一条 提供サービス

当講座は、受講者に対し、第4条で定める受講料金の対価として、講座を通じて当講座が別途定める講座内容により講義を行うものとします。

 

第二条 受講の申し込み

講座の受講希望者(以下「受講希望者」という)は、本サイト上に掲載する手続、または当講座の定めるその他 の手続に従って、受講の申込(以下「受講申込」という)を行ない、氏名・住所・電話番号その他当講座の別途定める事項について、正確且つ最新の情報(以下 「登録情報」という)を申込書その他に記載して提供するものとします。

 

第三条 講座受講申込みの承諾

当講座は受講希望者より本サイト上に掲載する手続き、または当講座が定める他の手続によって受講申込を受けた時、受講希望者に対して本講座の受講を許諾す る旨と、受講料金の支払方法を電子メール又は書面にて通知するものとします。当講座と受講者間の本講座の提供に係る契約(以下「本契約」という)は、受講 料金全額の入金を確認したときに有効に成立し、受講希望者は、本規約の定めに従い受講者たる資格を取得するものとします。

 

第四条 受講料金等

受講者は、当講座が本サイト上、またはその他で掲示する受講料金を支払うものとします。

 

第五条 講義内容に対する権利

本講座における一切のメソッド、その他の情報、本講座において提供される教材、書籍およびビデオ等の記録媒体、その他一切の著作物、ならびに、本講 座で使用される一切の名称および標章(以下併せて「講義内容」という)についてのノウハウ、著作権及び商標権その他一切の権利は全て当団体に 帰属し、受講者は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。
受講者は、講義内容を自己の学習の目的、個 人の 利用の範囲を超え、若しくは範囲外で使用したり、講師の養成をしたり、または第三者に対して、貸与、頒布、販売、譲渡、修正、翻訳、使用許諾等を行っ てはならないものとします。

受講者は、別途当団体らが明示的に許可する場合を除き、録音、録画、撮影その他いかなる方法または媒体を用いるかを問わず、講義内容を記録することはできないものとします。

受講者は、本講座の受講に際して、他の受講者から取得した一切の個人情報について、いかなる第三者にも開示または漏洩してはならないものとします。但し、当講座は、受講者による他の受講者の個人情報の取扱に関して、何人に対しても一切の責任を負わないものとします。

 

第六条 登録情報の使用

本サイトに掲載されるプライバシーポリシーに従い、登録情報および受講者が本講座を受講する過程において当講座が知り得た情報(以下「受講者情報」という)を使用することができるものとします。

 

第七条 返金・キャンセル規定

当講座はいかなる場合も、ご入金後のご返金・キャンセルはできません。

 

第八条 中止・延期規定

最低開催人数に満たない場合、講座を中止・延期することがあります。

中止の際には、受講料の返金を致します。この際の振込み手数料は当講座が負担致します。

延期の場合、日時・会場が変更となりますが、あらかじめご了承くださいませ。

なお、中止・延期の決定は開講日の14日前までにお知らせ致します。

 

天候・交通事情等により講座の開催を講師の判断で延期した場合は、受講生にはメール等でお知らせをし、受講日を振替致します。この際の会場費は当講座が負担するものとしますが、それ以外の負担については当講座は一切負わないものとします。

 

第九条 返金規定

講座開講後の受講キャンセルに関しては、原則返金はいたしかねます。予めご了承ください。
自己都合によるキャンセルも、原則返金ができません。

 

第十条 遅刻・早退・欠席の振替規約

受講生の都合による、遅刻・早退については、振替を行いません。

次回開催予定日に2日分までは、欠席についての振替受講を無料で受講いただけます。

 

第十一条 受講者資格の中断・取り消し

受講者が以下の項目に該当する場合、当講座は事前に通知することなく、直ちに本契約を解除し、当該受講者の受講者資格を停止、または将来に向かって取り消すことができるものとします。
また、以下の項目の(1)(3)(4)(5)(6)に該当する場合は、受講料金の返金は行いません。

(1)受講申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。

(2)講座内容を適切に理解できない可能性がある場合。その他当講座が本講座の受講者としての適格性に欠けると判断した場合。

(3)営利、またはその準備を目的とした行為、その他当団体会が別途禁止する行為を行った場合。

(4)宗教、ネットワークビジネス、その他勧誘行為を行った場合。

(5)本規約に違反した場合。

(6)その他、受講者として不適切と当団体が判断した場合。

 

第十二条 管轄裁判所

本契約を巡る一切の紛争は、当団体の所在地を管轄する地方裁判所とするものとします。

 

第十三条 損害賠償

受講者が、本講座に起因または関連して当団体に対して損害を与えた場合、受講者は、一切の損害を補償するものとします。

本講座に起因または関連して、受講者と他の受講者、その他の第三者との間で紛争が発生した場合、受講者は自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当講座に生じた一切の損害を補償するものとします。


2016.8.10

FB企画 藤田 茂